家庭の悩みごと

配偶者やパートナーからの暴力、家庭の人間関係、介護についてなど問題解決の お手伝いをしています。がまんしないで、まずは相談してください。

ドメスティックバイオレンス(DV)とは、配偶者やパートナーなどからの暴力のことです。犯罪となる行為で、人権侵害であり、決して許されるものではありません。
平成13年に、配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律(DV防止法)が制定されました。この法律に基づき、各都道府県に「配偶者暴力相談支援センター」が置かれ、暴力をふるう配偶者から被害者を保護する「保護命令」の仕組みが設けられました。

暴力の形は様々です!

身体的暴力

殴る、蹴る、髪を引っ張る、凶器をつきつける、物を投げつける など

精神的暴力

怒鳴る、無視する、監視する、大切な物を壊したり捨てたりする など

性的暴力

性的行為を強要する、避妊に協力しない など

経済的暴力

生活費を渡さない、お金の使途を監視する、働くことを妨げる など

被害者・子どもへの影響

被害者への影響

暴力によって、身体的にも精神的にも深く傷つきます。つらい経験が原因となって、様々な精神的症状が現れる病気(心的外傷後ストレス障害)なども見られます。

子どもへの影響

子どもが直接影響を受けてケガをしたり、暴力を目撃することにより、心身の症状が現れることがあります。また、暴力を目撃しながら育った子どもは、感情表現や問題解決の手段として暴力を使うようになることもあります。子どもには、暴力のない環境で、子ども自身が様々な選択をしながら育つ権利があります。

暴力を受けたら

我慢せず、危険を感じるときは、その場から逃げることをまず考えましょう。あなたが悪いのではありません!危ないときは警察に保護を求めることも必要です。まずは相談してください。

住民基本台帳の支援措置

目的

DV(配偶者からの暴力)及びストーカー行為、児童虐待やそれらに準ずる行為の加害者が、住民票や戸籍の附票の写しの交付制限や住民基本台帳の写しの閲覧制限を利用して、被害者の住所を探索することを防止し、被害者の保護を図ります。

  • 支援措置の内容

    ・「住民票の写し」及び「戸籍の附票の写し」の交付や「住民基本台帳の写し」の閲覧の制限。

    ※原則として、加害者からの交付請求を不当な請求として拒否します。※成りすまし防止のため、郵便請求や代理人からの交付請求には応じません。ただし、本人以外からの住民票・戸籍の附票の写しの請求を全て拒否する制度ではなく、厳格な審査の結果、正当な理由(利害関係の分かる資料を持参した利害関係人や、有資格者からの職務上の請求等)による交付申請である場合は、請求を拒否することはできません。
    ※戸籍謄本・抄本の交付は、制限できません。
  • 申請できる人

    湯沢市の住民基本台帳に記載されている方で、下記のいずれかに該当し、警察署・女性相談センター等に相談後、支援が必要であると判断された方。

    ・配偶者暴力防止法第1条第2項に規定する被害者

    ・ストーカー規制法第7条第1項に規定するストーカー行為等の被害者

    ・児童虐待防止法第2条に規定する児童虐待を受けた児童である被害者であり、かつ、再び児童虐待を受けるおそれがある者又は監護等を受けることに支障が生じるおそれがある者

    ・上記以外の者で、身体に対する暴力又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動を受けている被害者(親・子・兄弟などの親族、その他の者からの被害)

  • 申請に必要なもの

    ・身分証明書(運転免許証等)

    ・印鑑

  • 申請手続きの流れ
不妊とこころの相談センターの表

支援措置の期間

・支援措置の有効期間は、市町村長が支援措置申出書を受付けした日から1年です。
・延長の申出については、期間終了の1ヶ月前から受付けます。
・支援措置期間を経過しても延長の申出がない場合は、支援を終了します。
・支援期間中に住所の変更(転出・転居)をした場合は、申出書の再提出が必要になります。

相談窓口

はあとぴあ相談

  • 相談内容
    家庭、育児、母子、DV、起業、その他生活上の困りごと全般
  • 相談日時
    毎週水曜日(祝日に当たる場合は除く。)午後2時から4時(1週間前までに電話で予約してください。)
  • 場所
    湯沢市役所本庁舎

Print Friendly, PDF & Email

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

1人中1人がこの記事は役に立ったと言っています。

ページトップへ