子どもが生まれたら〜出生手続き

赤ちゃんのお誕生おめでとうございます。市では、赤ちゃんと保護者に対してさまざ まなサポートをしています。さあ、湯沢市での子育てのスタートです。

出生届

出生届は、生まれた日を含めて14日以内に届出をしてください。 ただし、14日目が市役所の休日にあたる場合は、その休日の翌日までとなります。 出生届の用紙は、病院で出産される場合、出産後に病院で受け取ってください。

届け出る人

届出人(届出義務者)は、父または母です。(父母両名でも届出できます。) 父または母が来庁できない場合は、代理人が預かり提出することもできます。

届出に際して必要なもの

  • 出生届(医師・助産師等が作成した出生証明書付きのもの)
  • 印鑑(出生届に押した届出人の印鑑)
  • 母子健康手帳(出生届出済証明をする欄があります)
  • 健康保険証
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(生まれた子の養育者が外国籍の人の場合)

届出に関する注意事項

夜間や休日にも届出することができますが、母子健康手帳への出生届出済証明や各種手続きのため、後日早めに開庁時間内にお越しください。

すくすくノ-ト

出生の届出の際に、すくすくノートを配布します。このノートは、湯沢市で行う予防接種の予診票・接種券および乳幼児健康診査・育児相談のアンケート用紙をつづったものです。予防接種や乳幼児健康診査を受ける際は、湯沢市乳幼児健康診査等日程表を確認し、必要なページを切り取って使用してください。このノートは予防接種や乳幼児健康診査が終了するまで、大切に保管してください。紛失した場合は再交付ができますので母子健康手帳をご持参の上、湯沢市役所(本庁舎)までお越しください。 また、このノートは湯沢市から転出すると使用できなくなります。その際は、転出先の市町村に改めてお問い合わせください。

低体重児出生届

湯沢市では、体重が2,500g未満の赤ちゃんが産まれた場合、その保護者はすみやかにその旨を市役所に届け出ることとしています。低体重児出生届の用紙に必要事項を記入して、湯沢市長宛に届出くださるようにお願いします。用紙は出生の届出の際にお渡しする「お誕生おめでとうございます」と書かれた封筒に入っています。ご記入の際は、母子健康手帳の「妊娠中の経過」及び「出産の状態」をご覧の上、ご記入願います。また、用紙の参考事項の欄には、相談したいことなどをご記入ください。保健師がご家庭を訪問し、赤ちゃんの測定や健康相談を行います。

国民健康保険の加入手続きは?

 

生まれたお子さんが、他の健康保険に加入されない場合は、次の「届出に必要なもの」を持って、市役所本庁又は各総合支所窓口で生まれた日を含めて14日以内に国民健康保険の加入手続きをしてください。

なお、保護者が会社の健康保険(社加保険)などに加入している場合は、勤務先にお問い合わせください。

届出に必要なもの

  • 国民健康保険証(保護者)
  • 母子健康手帳
  • 印かん(朱肉を使用するもの)

国民健康保険出産育児一時金の支給

直接支払制度の利用が主流です

国民健康保険に加入されている方が出産(妊娠85日以上の死産・流産(人工妊娠中絶を含みます)された方も対象者です。)したときに、国保の世帯主に支給します。支給金額は、1人につき42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関で分娩された場合(海外出産も含みます)及び在胎週数22週以降に達した日以後の出産でない場合は、1人につき40万4千円)です。

直接支払制度は、医療機関等が被保険者(保険加入者)等に代わって、出産育児一時金の支給申請及び受取を行うことで、あらかじめまとまった現金を用意することなく医療機関等において出産が行えるよう、経済的負担の軽減を目的とした制度です。

直接支払制度は、医療機関の窓口で申請(代理契約の締結)することで利用可能で、出産費用が一時金の支給額(42万円又は40万4千円)を超えた場合は、超過分を医療機関に支払うこととなり、一時金の支給額(42万円又は40万4千円)より少なく収まったときは、その差額の支給について請求ができますので、次の「申請に必要なもの」を持って、市役所本庁又は各総合支所窓口で出産後すみやかに支給申請をしてください。

申請に必要なもの

  • 出産した方の国民健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 医療機関から交付される「直接支払制度合意文書(コピー)」
  • 医療機関から交付される「出産費用明細書・領収書(コピー)」
  • 世帯主の印かん(朱肉を使用するもの)
  • 世帯主名義の通帳(金融機関の名称、支店名等、預金の種類、口座番号、口座名義人を申請書に記入いただきます。)

出産祝い事業

出生届提出時に、お子さんの誕生を祝福し出産祝い品を贈呈します。お祝い品は、市内取扱店で利用できる「子育てクーポン券」です。

クーポン券を利用できる品目は、(市に登録し)市内各店舗が取り扱う育児・子育てに必要な物品やサービス等です。

※クーポン券は、3万円分(1,000円券×30枚)です。 ※有効期間は、出生日から1年目の月末までです。

第3子以上の子育て家族に係る育児費用助成

市では県と協働で、平成30年4月2日以降に生まれた3子以降のお子さんを養育する子育て家庭に対し、経済的な負担を軽減して、安心して子どもを産み育てられる環境づくりを進めています。対象のお子さんが就学するまで、一家族につき毎年上限15,000円分の助成が受けられます。対象となる方には、出生届の際に窓口でご案内します。

助成の対象となるもの

(※家族に就学前のお子さんがいれば、そのお子さんにかかる費用についても助成金の対象となります。)

  • 子育て短期支援事業の利用
  • 一時預かり事業の利用
  • 育児・病後児保育事業の利用
  • ファミリーサポートセンター事業の利用
  • 任意の予防接種
  • 子ども用の靴・衣類(園児服も含む)の購入

Print Friendly, PDF & Email

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

1人中1人がこの記事は役に立ったと言っています。

ページトップへ